フリースクールここの親の会『おやさんぽ』

「うちの子だけ…」「このままで大丈夫?」

学齢期の子どもを持つ同じ親同士が、それぞれの想いや情報を共有できる、
ゆったりと「さんぽ」するような気分で、おしゃべりできる場になればと思います。


日 程:2021年
月20日(土) 
時 間:15:00~17:00
場 所:フリースクールここ吹田校「あまかり」(吹田市内本町1-19-7)
参加費:生徒会員様500円、非会員様1,000円
定 員:10名
主 催:NPO法人ここ

はじめまして、私たちはフリースクールここを卒業した子どもの保護者です。
子どもたちはもちろん保護者である私たちも当時は同じように苦しい思いをしてきました。
我が子が不登校になった時、親である私たちは子どもや学校に行けないという事実とどのように向き合えばいいのでしょうか。
「誰にも相談できなかった」「将来が見えない」「学校に行く以外の選択肢はない…」
そんな風に思い悩んでいる保護者は多いように思います。
このような想いを少しだけ先に経験した私たちと、お茶を飲みながら気軽に話しをしませんか?
少人数で和気あいあいとお話しできればと思います。
日時:2021年4月22日(木)13時から15時
場所:フリースクールここ吹田校【あまかり】(大阪府吹田市内本町1-19-7)
対象:不登校のお子様の保護者
定員:4名(先着順)
参加費:1,000円(お菓子、飲み物付き)
※会場は感染症対策をしています。マスクの着用をお願いします。
申し込み:https://forms.gle/Ez9oGYsuZvvYNmYn7
主催者:私たちは、息子が中学時代に不登校の保護者を経験した母親たちです。
「子どもが不登校になった時は制服を着ている子どもを見てはしんどい思いをしてきました。そんな気持ちを吐き出してはみませんか?」

オンラインシンポジウム 「好きなことで生きていく」 ~不登校だった自分からの出発~

毎回ゲストをお招きしてfacebook liveにて配信するオンラインシンポジウム。
今回は、元THE BLUE HEARTSのドラマー「梶原徹也」さんにお越しいただきます!
梶原さんの不登校経験を元に、「好きなことで生きる」うえでどのような苦労があったのか、どうすれば好きなことで生きていけるのかなど普段はなかなか聞けない話しをお聞きしたいと思います。
____________________________________________
▼梶原徹也
元ロックバンド「ザ・ブルーハーツ」のドラマーであり、日本だけでなくUSA、イタリア、バスク、アルゼンチン、メキシコ、インドネシアなど、世界中で演奏活動を続けるドラム奏者。
ロック、和太鼓やダンス、アクロバット飛行機とのコラボ、大塚 愛バンドでのNHK紅白歌合戦 出場 など、ジャンルにこだわらずパワー全開でドラムを叩いて、爆発する生命エネルギーを伝えている。また、バリアフリー・ロックバンド「サルサガムテープ」やフリースクールでの音楽講座など、大人数でリズムを自由に叩きながら、参加者全員で音楽の楽しさを共有する、という活動を積極的に行っている。近年は、太鼓芸能集団「鼓童」アース セレブレーションでのゲスト出演、さらに鼓童本公演・坂東玉三郎氏 芸術監督「混沌」のドラム監修、アドバイザーや作曲を手がけ、自らのバンド「THUNDER BEAT」「えびす大黒」など和太鼓とドラム、ロックの新たな可能性を模索している。
地方創生ムービー大阪府の奥河内を舞台にした2020年公開の映画『鬼ガール!!』の音楽プロデューサーを務める。
■日時:2021年3月6日(土)
開場12:50/ 開始13:00 / 終了15:00
■場所:Facebook live
■参加費:無料
■参加方法:当日開始時間になりましたら、NPO法人ここのFacebookページからアクセスをお願いします。
____________________________________________