不登校や発達の気になる子どものための学校外の学びの場「フリースクールここ」です

通信制高校サポート校コース

  • HOME »
  • 通信制高校サポート校コース

フリースクールここに通いながら高校卒業資格を取得することができるコースです。
高校に提出するレポートのサポートを受けることができます。

1.学費について

学費は、通信制高校へ支払う費用と当フリースクールへ支払う費用があります。

通信制高校へ支払う費用(年額)

受 験 料:25,000円
入 学 金:20,000円(入学時のみ)
施設設備費:25,000円
学   費:153,000円
教科書代 :約7,000円
災害共済金:250円

(1年間の総額です。次年度以降は施設設備費+学費+教科書代+災害共済金のみです。)

 

フリースクールここに支払う費用(月額)

フリースクールの月謝:35,000円(2018年4月より改定)
サポート校コース学費:5,000円

 

2.就学支援金に関して

高等学校の授業料無償化に伴い、私立学校に通うお子さまには⑴国からの就学支援金⑵府からの授業料支援補助金が適用されます。

⑴就学支援金 *HPより抜粋

【条件】

・生徒が日本国内に住所を有し、高校等に在学していること(私立、公立問わず)
(在学の確認は、毎月1日に学校が行います。休学や海外留学されている場合は、学校にお問い合わせください。)

・保護者等の市町村民税所得割額が30万4,200円未満であること

【支援内容】

・毎月1日に在学している場合に支給対象となり、3ヶ月ごとに私立高校等へ振り込まれます。

・保護者(親権者全員)の市町村民税所得割額が304,200円未満の世帯の生徒に対し、全日制高校の場合は月額9,900円(年額118,800円)、通信制高校の場合は1単位あたり4,812円が支給され、保護者の市町村民税所得割額に応じて、支給額が加算(最大2.5倍)されます。 (次表参照)

・支給期間は、最大で、全日制高校36月、通信制高校48月です。

⑵授業料支援補助金 *HPより抜粋

【条件】

・生徒及び保護者(親権者全員)が大阪府内に住所を有していること

・「私立高校生等就学支援推進校」として指定された大阪府内の私立高校等に10月1日に在学していること

・就学支援金を受給していること(保護者等が海外に在住しているため、加算支給の対象とならない場合などは、府制度の支援対象外となります。)

・保護者の所得(親権者合算)が、以下を満たしていること

年収590万円未満世帯 ⇒ 授業料負担が実質無償

年収590万円以上800万円未満世帯  ⇒ 授業料負担が20万円

【支援内容】

・10月1日時点の在学を確認後、1年分を一括して11月ごろに私立高校等へ振り込まれます。

・就学支援金と合わせて、授業料が無償もしくは、保護者負担が20万円(私立高校等に3人以上通わせている世帯で年収800万円未満世帯の場合は10万円)となるように、標準授業料(私立の全日制高等学校・中等教育学校(後期課程)・高等専修学校等:年間58万円、通信制高等学校:1単位10,032円)を上限に補助されます。なお、標準授業料を超えた授業料を設定している私立高校等の場合、差額分は学校が負担します。

・私立高校等に3人以上通わせている世帯で年収800万円以上910万円未満世帯については、保護者負担が20万円(授業料が58万円を超える学校の場合は、超える額に20万円を加えた額)となるように支援されます。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

17362600_744659949042160_1115804628488707340_n

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6382-5514 開校時間14:00-20:00(木・日・祝日除く)
2018年4月より11:00-18:00となります

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人ここ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.