不登校やひきこもりの子どもを対象に大阪府吹田市で活動をしているフリースクールここです

卒業生の声

Kくん(高校生の時「ここ」に入学→大学受験合格)

僕は妹が「ここ」に行っていて、その影響で高一から通い始めました。

高一の時にクラスに馴染めてない時期があり、自分の居場所が欲しかったのだと思います。

高校に行きながら学校終わりに「ここ」に通っていました。「ここ」に初めて行く時、道に迷ってしまいスタッフの人に迎えに来てもらったのを覚えています。「ここ」に着いたらスタッフの人に自己紹介をした後、学校の宿題などの勉強をしました。普段は家で全く勉強していなかったのですが、強がっていたのだと思います。勉強を教えもらいながら、色んな話をしていく内に「ここ」の居心地が良くて通うようになりました。「ここ」に頻繁に通うようになってからは、「ここ」でご飯を食べたり、何もせず寝て帰ったり、自分のやりたいようにして過ごしていました。自分が自由に過ごすことに何も言わない「ここ」という場所が好きでした。

「ここ」での一番の思い出は京都のキャンプです。小学校の校外学習の時の担任が凄く厳しい人で、誰かが少しでも悪いことをすると連帯責任だと先生に30分ほど全員が怒られて、その後バスの中なのに誰も一言も話せなかったりして、僕は泊まりで何処かに行くことに良い思い出がありませんでした。でも、「ここ」のキャンプで車の中で話をしたり釣りをしたり、飽きたら泳いで遊ぶこともできて最高の一日でした。それからは、ほぼ毎年キャンプに参加して毎年の楽しみになりました。「ここ」で色んな人と関わることができて本当によかったです。

 

Kちゃん(中学生の時入学→通信制・単位制高校入学→大学受験合格)

「ここ」は、スタッフも生徒も「ここ」に行くのめっちゃ楽しいやんって思えるような場所やと思います。

スタッフと生徒の関係が友達、先輩後輩のようでなければ、なかなか生徒は自分の悩み、考えを主張できないのではないかと思います。

ですが、みんな比較的若いので経験が少ないです。もしもの時の対応など、しっかりしとかないと不安です。

フリースクール、不登校支援などでスタッフが生徒に対して気を遣い過ぎている部分があると思います。

私がフリースクールの生徒だった時に感じたことは、スタッフが自分に気を遣っているということがわかるとスタッフの顔色をうかがってしまっていました。

この部分は人によるので、柔軟な対応をとったほうがいいかなと思います。

私が思うにこれからの「ここ」は、「ここ」に来たらめっちゃ面白くてめっちゃ笑えて、泣けて感情が表に出せる、安心できる場所を作ることです。

その後、生徒自身がここから出ていこうかなと思ったら、「やりたいことに向かって努力するのをみんなで応援してんねんで」と伝えたいです。

また、「ここ」に帰りたくなったら、一緒に笑って、泣ける、安心できる場所を作りたいです。私は、そういう場所を作っていきたいです。

 

Nくん(高校生の時「ここ」に入学→大学受験合格)

ぼくは高1のときに全日制の高校から通信制の高校に編入するもうまくいかず、

友達も全くいなかったので不登校になってしまい、知り合いの紹介で「ここ」に通わせてもらえることになりました。
「ここ」では悩みを打ち明けたり、一緒にご飯を作って食べたり、お泊まり会をしたり、他愛もない話でバカみたいに盛り上がったり、

楽しい思い出がたくさんあります。

通ってるうちに行き始めた当初に比べて前向きに明るく元気になれました。
今は大学生で、やりたかった阪急電鉄の駅員のアルバイトをしています。

鬱憤が溜まってる時や誰かに話を聞いてほしいときにたまにお邪魔させてもらってます。

「ここ」は僕にとって落ち着ける大切な居場所です。

 

Yちゃん(高校生の時「ここ」に入学→大学受験合格)

私は、小学生のころから体調を崩しやすく保健室にばかりいました。

高2からは、学校も休みがちになり、卒業保留にまでなりました。

親には、いつも学校に行けと圧力をかけられ、泣きながら学校に通った日もありました。

「私もフリースクールにいきたいなぁ」と思ってました。

そんな時、友達が「ここ」に行くと言ったので、「私も行く」と言ってここに来ました。

 

「ここ」では主に、大学入試の勉強を教えてもらってました。「ここ」にでさえ来れなかった日もあったのに、スタッフの人達は責めずに 優しく対応してくださいました。

自分のペースで、のんびりと楽しく勉強できました。

 

今はそんな私も、「ここ」のスタッフとして活動しています。

小学校から中学校くらいの勉強なら教えますし、ぽわ~っとした性格なので自称ムードメーカーです!()

 

自分が辛い経験してきたので、人一倍他人の痛みにも敏感な私です。話したいことがあったら、私が「ここ」にいるときは気軽に話しかけてください。

それが、私が「ここ」のためにできることかなぁと思ってます。

 

「ここ」は自分の居場所になってくれるところです。

無理して学校に行く必要なんてないです。疲れたなぁ、ゆっくり自分のペースでなにかしたいなぁと思ったとき、一度「ここ」に足を運んでくれたら嬉しいです。

 

「ここ」は私にとって安心できる居場所です。

今いる生徒にとっても、これから来てくれるであろう生徒にとっても、もちろんスタッフにとっても「ここ」が居場所になれるように、していきたいです。

そして、生徒たちが「できる」を実感し、

自信に繋がるよう応援していきたいです。

 

Eちゃん(高校生の時「ここ」に入学→大学受験合格)

塾では楽しくなかった英語も「ここ」では楽しい雰囲気を作って教えてくれました。

悩みがあるときは話を聞いてくれて、落ち着く場所だなと思いました。つらいときは「ここ」に来たら大笑いできたので元気が出ました。

お気軽にお問い合わせください TEL 06-6382-5514 開校時間14:00-20:00(木・日・祝日除く)

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP
Copyright © 特定非営利活動法人ここ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.